水の都ブルージュで感じたクレジット(信頼性)の価値

海外におけるクレジットカードの価値について

海外で実感するクレジットカードの価値

クレジットカードは、利用者の信用にもとづいて発行される代金後払いのカードのことです。
利用者はこのカードを使って、一定の条件(有効期限や利用可能枠の範囲内での利用や会員規約を遵守することなど)で、クレジットのシステム(代金後払いで商品を購入したり、サービスを利用したりする)を利用することができます。
その価値は日本国内よりも海外でこそ感じられるものなのかも知れません。
それほどクレジットカードを持つと言うことは、信用性があることなのです。

日本国内向けクレジットカードを海外で使う

クレジットカードの利用可能枠は、カードの種類や利用状況によって異なり、カードの利用明細などで確認することができます。
自分の使用するカードの利用可能枠がどのくらいなのかということを把握し、その範囲内で利用しなければなりません。
有効期限は、数年の場合が多いです。
もちろん期限を過ぎたカードは使用できませんが、期限の終了が近づくと通知があり、利用状況などに問題がなければ更新されたカードが郵送されてきます。
海外でクレジットカードの更新を受け取れないという方は、あらかじめ国内で複数のおすすめクレジットカードを作っておいた方が無難です。
日本のクレジットカードは、日本に生活の基盤があることが前提となっているので、更新の際にも海外には送付してくれないことが多いからです。

海外旅行前のクレジットカードの作り方

クレジットカードを手に入れるには、まず入会申込書を用意します。
これは銀行や販売会社のカウンターなどに置かれていたり、販売会社やクレジット会社に連絡して直接取り寄せたりして入手できます。
そして必要事項を記入し、銀行などに提出したり、郵送したりします。
申込書に記入された内容をもとにカードを発行できるかどうか審査が行われ、通過すれば簡易書留でカードが送られてきます。
カードのブランドとしてはVisaやJCB、マスターカード(MasterCard)、アメリカン・エキスプレス(American Express)などがあり、自分の好みによって選ぶことができます。海外旅行ではアメックスが強いですが、現地で生活する上ではVISA、JCB、マスターカードなども持っていきましょう。

クレジットカードは一括払いがトラブルが少ない

支払い方式はいくつかあり、利用したときに選択することができます。
選択できる範囲は利用するクレジットカードなどによって異なります。
具体的には翌月一括(一回)払い、ボーナス一括(一回)払い、分割払い、リボルビングがあります。
いずれの場合も利用の際は、自分の収入や貯金額を把握することが重要です。

最新投稿