日本は通りやすい?クレジットカードの審査内容について

日本国内でのクレジットカード審査について


クレジットカードを持ちたいと考えている人は海外にはたくさんいます。
ただカードを持つためには、クレジットの与信審査に通る必要があります。
日本国内に居住する18歳以上の者で、安定した収入を持つ方であれば、クレジットカードの審査を通ることは簡単です。
しかし海外ではこのクレジットカードの審査に通ることが難しいのです。

ネットからの審査申し込みが一般的です

日本国内の場合、まず申込書に必要事項を記入して、カード会社に郵送をする必要があります。
多くのクレジットカードでインターネット上からキャンペーンを行っているので、比較的容易に希望するクレジットカードを申し込むことができます。
もちろん店頭などで入会キャンペーンを行っていることも多いので、心配な方はこれら対人申し込みをご選択下さい。
そしてカード会社の審査を受けて通ることができればカードを持つことができるのです。

カード審査で見るのは信用性と支払い能力の有無

ここで大切なことは、どのような審査が行われているのかと言うことです。
基本的に重視されることは、安定した収入と、返済能力と、居住場所がはっきりと分かっているのかどうかと言うことです。
なぜここで居住場所がはっきりと分かっていなければいけないのかというと、返済ができなくなったときに、夜逃げの可能性があるからです。
居住場所をしっかりと確認することで、これを防ぐという目的があります。
しかしこれらの基準は各カード会社によって決められています。
実際にはしっかりと詳しい内容をつめて、信用力があるのかどうかを判断していきます。

信用性は「スコアリング」で数値化されている

カード会社では項目をいくつか定めて、これらの一つ一つに対してしっかりと調査を行っていきます。
そしてこの調査に対して合否を判定するために点数を付けていきます。
これをスコアリングと言います。
項目は年齢や勤続年数や職種、勤務先の大きさや居住年数、住居形態や家族構成などとなっています。
この項目の中では年齢と勤務先に関してが最も重要視されています。
この他には過去にお金を借りていたことがあるのか、また借りていた場合には、その返済がしっかり行われていたかどうかに関しての信用情報も確認されます。
カード会社では個人信用情報センターという中立機関の照会を利用しています。
この機関は全ての金融機関の利用に関しての情報が載せられているので、申込書に嘘のことを書いていてもすぐに分かってしまうので注意します。