ゴールドカードやプラチナクラスのクレジットカードのメリット

クレジットカードのクラスと種類について


クレジットカードといってもいろいろな会社から発行されていますし、同じ会社から発行されているものといってもいろいろな種類のカードがあったりします。特に国際ブランドといわれるVISA、マスターカード、JCBなどには、提携する会社の数だけ、クレジットカードの種類があります。
しかも種類といえば、各カードごとに一般カードといわれるプロパーカードから、ゴールドカード、プラチナカードなど、さらなるハイクラスのものまでラインナップされているのです。

プロパー(一般)からゴールドまでクラスは多彩

クレジットカードのクラスは、プロパーカードと言われる、割とどのような人でも発行してもらえるようものを基準に考えてはいけません。プロパーカードは特典もそれほど多くない上に、通常年会費もそれだけ安いものとなっています。
よりクラスが上のカードを持ちたいという場合には、ゴールドカードやプラチナカードを狙う必要があります。
しかし通常は一般カードで足りることの方がほとんどですし、年会費を支払うことに抵抗があるという方にとっては一般カードを発行してもらうのがベストであるといえます。

ゴールドカード以上は特別な特典を受けられる

これに対し、ゴールドカードやプラチナカードといった特別なカードもあり、一般カードより審査基準が厳しくなっており、また、年会費はゴールドカード、プラチナカードに順番で高くなっていく傾向にあります。
ただし、これらのカードには一般カードにはないサービスが付加されていることもありまして、たとえば空港におけるラウンジサービスの提供や特別なコンシェルジュサービスといったものが無料で受けられるようになったりします。
また、ポイントを航空会社のマイレージに交換するという場合にも非常に有利なレートが適用されることもあります。
もちろん、年会費は安くありませんから、特別なサービスを提供を受ける必要があるだけカードを利用するというのでなければあまりメリットはないかもしれませんが、ゴールドカード等を持っているというだけで信用力が上がったりするというところもあります。
そのほか、若者向けにはヤングカードなどというものが用意されていることも多く、そういうものであれば審査もそれほど厳しくなく、また、年会費も低額に抑えられていますので、若い層はそういうものを利用することがよいでしょう。