世界通貨?クレジットカードの利点

国内ではわかりにくいクレジットカードの価値

クレジットカードにはいろいろな利点がありますが、現金で支払うことがすっきりしている人にはなかなか理解しにくいところもあるかもしれません。
まず海外で利用する上では、信用性の高さです。クレジットカードを持っていると言うことは社会的に一定程度の信用を勝ち得ていることを意味するからです。ただしその価値や恩恵は日本国内ではなかなか感じられないことでしょう。

日本ではポイント目的や特典でクレジットカードを選ぶ

利用すればするほど金額に応じてポイントが貯まったりしますので、それに応じて商品をもらったり航空会社のマイレージに交換したりすることもできますので、利用すればするほど付加価値がつくものといえます。
最近では低金利の時代であり、預金をしていてもあまり利息が付かないということがほとんどでありますから、そのような時代においてはお金を使って付加価値を得るというのは大切なことであるといえるのです。

現金代わりの世界通貨(VISA)としての価値

次に現金はなくしてしまうともう戻ってこないということがほとんどであり、そのことによって悔しい思いをした方も少なくないことでしょう。
しかし、カードは紛失をしても再発行をしてもらえますから、紛失によるリスクは少ないといえます。
もちろん、紛失が分かった時点ですぐにカード会社に連絡をして不正使用をしないようにしてもらう必要がありますが、現金をなくすことよりもまだよいのは間違いありません。

家計は空くにも一役買います

これに加え、カードであれば月間を通じてどれだけ利用をしたのか把握をしやすいというメリットがありますので、金銭管理をしたい方には利用価値が高いといえます。
現金であればどうしても何にいくらを使ったかが残りにくいということとは対照的といえます。
もちろんカードであると簡単に決済できてしまうというところもありますが、そのあたりは個々人の自制心でカバーできるものといえるでしょう。
このようにクレジットカードにはいろいろとメリットがありますので、このようなメリットを理解してカードを持つことを検討するのもよいことでしょう。